システムトレードを自作しようMT4入門~きちんと設計の仕方を学ぼう

MT4でオリジナルの自動売買プログラムを作成することが目標です。私自身、システムトレードは初心者です(笑)。
色々MT4やMQLの本を読みましたが、きちんと設計について説明している書籍が見つからなかったのでプログラマーの視点で書いてみようと思いました。
簡単な売買なら設計は必要ないかもしれません。書籍やサイトに書いてある通りに作ればできますが、一から自分の考えた取引をプログラムしようとすると挫折してしまう方がいると思います。
基本的な設計方法や手順がわかると、オリジナルのシステムを作りやすくなると思います。

FX業者について

MT4に対応したFX業者は色々あります。私は楽天証券を使っています。単にすぐ見つかったのと楽天ポイントを集めているので選んだだけです。
自分にあったFX業者を選んでください。楽天はトラブルも多いので、お勧めではないかな。
ここでは楽天証券を対象にします。最小ロット単位などは業者によって違いますので注意してください。

設計について

状態とイベントで表現する設計手法を使います。
取引の流れは大体どんなシステムトレードでも同じです。RSIやMACDなどどんなテクニカル指標を使うかと決済タイミングだと思います。
今回は単純に売シグナルと買シグナルだけを使って、毎回同じロット数の売買を繰り返すトレードを作ります。
この方法の利点は取引(トレード)の流れのひな形(フレームワーク)を作ってしまえば、売買シグナルの処理だけ変更すれば色々なシステムを作れることです。
実際に使うには決済タイミングやロット数なども考慮したほうがいいと思います。最初は単純な方法からはじめて、自分にあったシステムに変えていきましょう。

EA作成ツール

今回使うフレームワークを使ってEAを作成できるツールを作成しました。

ブロックを使って、指標関数を変えるだけで実際に動くコードを出力してくれます。
これをベースに自分だけの取引システムをつくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The maximum upload file size: 20 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, archive, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here