サンプルプログラムを改造しよう

RSIからボリンジャーバンドに変えてみよう

まずは簡易EA作成ツールを使って、シグナルをRSIからボリンジャーバンドに変えてみましょう。

判定基準

  • ボリンジャーバンドの上ラインを売値が超えたら売り
  • ボリンジャーバンドの下ラインを買値が下回ったら買い
  • ボリンジャーバンドの標準偏差は設定(buy_threshold)で変更できることとする

ちょっと変数名があってませんが、buy_thresholdを標準偏差の設定値として使うこととします。

簡易EA作成ツールの使い方

上のブロック(is_sell_signal) が売り判定関数、下のブロック(is_buy_signal)が買い判定関数です。関数の戻り値がtrueでシグナル発生です。最初はRSIを判定に使っています。

左側のテクニカルインジケータ関数やグローバル変数にMQL4の関数、変数ブロックが定義してありますので、適当に編集してください。

ボリンジャーバンドに変更しよう

  1. テクニカルインジケータ関数からボリンジャーバンドブロックを右側のエリアにドラッグする
  2. 上のブロック(is_sell_signal関数)のRSIブロックをドラッグして、下のゴミ箱に捨てる
  3. 空いた場所にボリンジャーバンドブロックをドラッグしてはめる
  4. 不等号を反対にする
  5. sell_thresholdをゴミ箱にドラッグ
  6. グローバル変数から売値をドラッグして空いた場所に入れる
  7. Variablesからbuy_thresholdをドラッグしてボリンジャーバンドの標準偏差の右側にはめる
  8. テクニカルインジケータ関数からボリンジャーバンドブロックを右側のエリアにドラッグする
  9. 下のブロック(is_buy_signal関数)のRSIブロックをドラッグして、下のゴミ箱に捨てる
  10. 空いた場所にボリンジャーバンドブロックをドラッグしてはめる
  11. 不等号を反対にする
  12. buy_thresholdをゴミ箱にドラッグ
  13. グローバル変数から買値をドラッグして空いた場所に入れる
  14. Variablesからbuy_thresholdをドラッグしてボリンジャーバンドの標準偏差の右側にはめる
  15. 「EAファイルをダウンロード」ボタンをクリック
  16. ダウンロードフォルダのtemplate.mq4のファイル名をiBand.mq4に変更する

コンパイル手順

  1. MT4を起動
  2. 「ツール」「メタエディター」を起動
  3. 「ファイル」「開く」でダウンロードしたiband.mq4を開く
  4. 「ファイル」「名前を付けて保存」でMQL4/Expertsに適当な名前で(iband.mq4)保存
  5. コンパイル
  6. MT4に戻ってナビゲーターウィンドウにibandが増えていることを確認します

パラメーターについて

出力されるコードのパラメータ(input)は以下になります
今回はbuy_thresholdを標準偏差として使うので、2.0~3.0の値に設定しておきます。

sell_threshold
売判定閾値 今回は使ってません
buy_threshold
買判定閾値 今回はボリンジャーバンドの標準偏差(2.0~3.0ぐらいで使ってください)
set_lots
売買ロット数(1.0 = 10,000通貨)
stop_pips
stop_enableが1の時有効。ポジションの損切幅を設定する
limit_pips
limit_enableが1の時有効。利確幅を設定する
stop_enable
発注時にストップを有効にする
limit_enable
発注時にリミットを有効にする
magic_number
EAでの取引ポジションを判別するための数字。適当に設定して下さい。複数のチャートで動かす場合はそれぞれ別々の数字にしてください。

 

 

 

 

Amazonで好評発売中
EA作成なども承っております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 添付可能なファイル:画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, アーカイブ, その他 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ